チンコが小さい人の原因とおすすめの改善方法

短小ペニスの原因は色々。そこで男性のペニスが小さい原因についてまとめてみました。

またおすすめの改善方法についても紹介しています。

ペニスの大きさで悩んでいて、少しでも大きくしたいと考えている人は、参考にしてみてください。

短小ペニスの原因

包茎

男性のペニスが小さい原因の一つに包茎が挙げられます。

日本人男性は2人1人が包茎とも言われており、包茎そのものにも種類があります。

しかし種類に限らず包茎=短小の原因と考えられる理由も存在します。

問題はなぜ包茎が影響するのかですが、ペニスの成長過程と影響しています。

包茎は亀頭に皮が被っている状態であり、ペニスの成長を阻害してしまうと言われています。

このような状態が長続きすると、ペニスが成長できないまま短小になってしまう訳です。

ただしこれについては見解が分かれており、包茎と短小には何ら関係がないという意見もあります。

実際に関係性をチェックした研究などが無く、根拠に欠けるとも事実です。

いずれにせよ、包茎はペニスの衛生環境そのものを悪くし、様々な病気の原因となります。

包茎自体は解消が必要な問題と言えるでしょう。

生活習慣

生活習慣の乱れを感じてはいませんか?

実は生活習慣もペニスのサイズに影響を与える要因の一つです。

ペニスのサイズは成長によって大きくなる場合もあります。

しかし、その時に生活習慣が乱れた状態だと、結局成長しないままになってしまうのです。

ペニスが大きくなるか否かは、成長ホルモンなど様々なホルモンの分泌量が影響しています。

こうしたホルモンの分泌量は生活習慣により変動しますが、生活習慣が乱れるとホルモンバランスも乱れてしまいます。

その結果ペニスが全く成長せず、小さいままと言った事態になってしまいます。

特に影響するのは成長ホルモンと男性ホルモンです。

成長ホルモンは年齢とともに分泌量が減るため、男性ホルモンに注意するべきでしょう。

逆に言えば、男性ホルモンの分泌量を増やせばペニスの成長も期待できますが、男性ホルモンは食生活やストレスなどの影響で分泌量が変わってしまいます。

大きくしたいなら食事などを見直し、分泌量を増やす試みも必要です。

遺伝

親などから遺伝することは様々ありますが、ペニスのサイズも遺伝する場合があります。

あまり関係なさそうに思えるものの、親が小さい場合は子も小さくなることがあるのです。

もし自分のペニスが短小だという方は、一度遺伝も疑ってかかったほうが良いでしょう。

遺伝と言ってしまうと、どうしようも無いように感じるかと思います。

それなら仕方ないと諦めてしまう方もいるのではないでしょうか?

確かに遺伝は仕方ない側面もありますし、それが影響しているなら根本的な解決は難しいかもしれません。

しかし、ペニスのサイズは後からでも大きくする手段がありますので、小さいからと諦めてしまうのは早計でしょう。

仮に親が小さく自分も短小を受け継いだとしても、ペニスを大きくしたいなら対策を考えるべきです。

増大サプリを試すなど、諦めずに大きくする努力をしましょう。

人気の増大サプリはこちら

射精不足

射精不足も短小の原因と言われています。

ペニスが小さくなる要因とも言われており、人によっては一番大きな影響を及ぼしていると考えられます。

なぜ射精不足が短小に繋がるかと言うと、脳の認識と関係しているからです。

オナニー不足などで射精の回数が不足すると、脳はそれを認識してしまいます。

仮にペニスが勃起していても、射精が行われなければ脳が覚えてしまい、射精機能そのものが衰えてしまうのです。

結果的にペニスが小さくなったり、勃起しづらくなったりする可能性も考えられます。

もちろん射精するほどペニスが大きくなる訳ではありません。

射精回数がペニスサイズに影響するということは無いのです。

しかし射精機能の衰えは精力減退にも繋がりますので、短小に繋がるリスクがあります。

ペニスを大きくするなら、適度に射精することも欠かせないでしょう。

運動不足

日頃から運動不足を感じている方は多いかと思います。

運動不足は生活習慣病や肥満の原因にもなりますが、ペニスの大きさにも影響してくるのです。

ペニスは亀頭付近に血が集まることで大きくなります。

いわゆる勃起状態ですが、血流が悪くなってしまうとペニスに血が集まりにくくなるため、起ちも悪くなってしまうのです。

その結果亀頭も大きくならず、短小なままという事態となります。

ペニスの周辺は様々な筋肉が集まっていますが、これが衰えてしまう危険もあります。

運動不足が筋肉の衰えと血流の低下を招き、ペニスが更に縮んでしまう可能性も否定できません。

このため日頃から適度に体を動かすなど、運動不足の解消に向けた努力も必要になるでしょう。

ペニスを大きくする方法

増大サプリを飲む

シドルフィン

ペニスを大きくしたいなら、まず増大サプリを試してみると良いでしょう。

増大サプリはペニスを大きくすることに主眼が置かれた製品で、短小解消策の一つとして知られています。

一般的なサプリとは異なり、アルギニンや亜鉛など精力増強に良い成分を配合しているのが特徴です。

ただ、増大サプリと言っても製品の種類は豊富にあります。

価格や成分などは全くと言って良いほど違いますが、初めて試す方にはシドルフィンがおすすめです。

シドルフィンはネットの口コミでも評判の増大サプリで、シトルリンと呼ばれる成分が配合されています。

価格も比較的安く、まとめて買うと割引価格で買えることも魅力で、他にも増大サプリは様々ありますが、悩んだら買って損は無いでしょう。

ただし増大サプリはあくまでサプリメントのため、効果に関しては個人差があります。

実感できるほど大きくなる方もいれば、さほど変わらない方もいるので注意しましょう。

少しでも効果を実感するなら長期間続けることが重要です。

効果を実感できない方の多くは短期間で止めており、すぐに効果を得たがる傾向も見られます。

長く続けることがペニス増大には欠かせませんので、最低でも3~4ヶ月ほどは様子を見るのが良いでしょう。

実際にシドルフィンを試してみたところ、3ヶ月目で効果を実感し始めて、8ヶ月後には長さで3cm・太さは2cm大きくなりました。

シドルフィンが気になる人は体験談をまとめた記事もチェックしてみてください。

シドルフィンを8ヶ月試した体験談はこちら

テストステロンを増やす

ペニスの大きさはテストステロンが深く関わっています。

テストステロンとは男性ホルモンのことで、10代の頃に分泌量のピークを迎え、ペニスの成長を手助けする働きがあります。

性欲にも関係している物質でもあり、性欲が多い方はテストステロン分泌量も多いと考えられています。

しかし年齢とともに分泌量は減ると言われており、精力が減退する一つの要因にもなっています。

その一方でテストステロンはゼロになることはなく、少しずつですが分泌されています。

このため分泌量を増やすことで、ペニスを成長させることが可能になるのです。

問題は分泌量を増やす方法ですが、最も手軽な手段はスクワットです。

スクワットが下半身の筋肉を鍛えてテストステロンの分泌量を増やすため、結果的にペニス増大が期待できます。

また食生活を見直してみるのも良いでしょう。

特に精力増強に良いと言われる亜鉛や、ビタミン・ミネラルをバランスよく取ることが重要です。

栄養が偏ると精力も減退しますので、一度見直してみてはいかがでしょうか。

増大グッズを使う

増大サプリやテストステロンの分泌促進は、いずれも間接的な手段です。

このため、物理的な手段でペニスを大きくする方法も検討してみると良いでしょう。

現在は様々なペニス増大グッズが販売されています。

特にポピュラーなものはペニス増大ポンプと呼ばれるグッズで、直接ペニスを吸引して矯正・増大を目指すものです。

様々な製品が売られていますが、決して質が良いとは言えない製品もあります。

当たり外れが大きいため、もし買うなら慎重に選ぶべきでしょう。

他にも包茎を矯正するグッズや、ペニスの根本に装着するリング状の増大グッズもあります。

これらも上記のペニス増大ポンプと同等の効果が期待できます。

ただし、いずれのグッズもペニスを傷つけてしまうおそれがあります。

使い方を間違えると事故にも繋がりますので、使用方法を知ってから買うのも良いでしょう。

その他の記事