チンコのサイズは平均は何cm?大きさと形を比較してみた

男性にとって悩みにもなりがちなのがペニスのサイズかと思います。

自信にも繋がる重要な事柄ですが、日本人男性はペニスが小さい、と聞いたことがありませんか?

ただ、小さいとは言っても平均が分からなければ比較することができません。

実際の平均サイズを知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで、日本人のペニスの平均サイズを比較してみました。

日本人の平均的なペニス

日本人男性の平均ペニスサイズですが、長さは13.56cmほどと言われています。

これはオナホールで有名なメーカー「TENGA」が日本人男性50万人のデータを元に割り出した数値です。

信頼性の高いデータでもありますので、このサイズを基準にして、自分が平均より大きいか小さいかチェックしてみましょう。

亀頭の太さは3.53cm、竿の太さについては3.19cmとなっています。

こう見ると、竿と亀頭の太さは3.4mmほどしか違いがないことが分かります。

日本人男性はペニスが小さいと言われますが、こうした竿と亀頭の差がほとんど無いことも影響していると考えられます。

ただ上記のデータに関しては科学的に統計が取られたものではなく、あくまでTENGAが50万人のデータを集計したものです。

人によっては長さが平均以下でも亀頭は平均以上、といったケースも考えられますし、その逆も十分にあり得ます。

目安とするには最適ですが、必ずしも日本人平均とは限らない点に注意しましょう。

外国人のペニスはどれくらい大きいのか?

一方で、外国人のペニスサイズが気になる方もいらっしゃると思います。

外国と言っても様々な国があり、それぞれに住む人種も異なります。

こうした国や人種の違いによってペニスのサイズも変わりますが、日本人平均と比べてどう違うのでしょうか?

海外のデータに関しては、スペインの医療機器メーカー「アンドロメディカル」が公開しています。

まず最も平均サイズが大きいのはアフリカ西部の国で、長さは16~17cmとされています。

日本人平均と比べた場合、3cm以上も長くなっているのが特徴です。

次に大きいとされているのが北欧のスウェーデンとノルウェー、イタリアなどで、14.7~16.1cmとなっています。

日本人の平均よりもやや大きいですが、ばらつきもあるので注意が必要です。

そして3番目のサイズにカテゴライズされるのがアメリカと、ヨーロッパのフランス・ドイツ・イギリスなどです。

これらの国は12.9cm~14.7cmとなっていますが、当てはまる国もかなり多く、世界的な平均サイズとも言えるでしょう。

日本は13.56cmですから、世界平均にほぼ近いペニスサイズであることが分かります。

もちろん外国人も個人差こそありますが、日本人だけが決して小さいとは一概に言い切れないでしょう。

ペニスを大きくするために必要なこと

増大サプリを服用する

シドルフィン

しかし、そうは言ってもペニスを大きくしたいと考える男性は多いと思います。

ペニスは大きくできない、と考えている方もいらっしゃいますが、後から大きくすることも不可能ではないのです。

例えば大きくする手段の一つとして、ネット上では増大サプリを飲む方法が有名です。

増大サプリには様々な精力増進・血行促進成分が配合されています。

特に一般的なものはマカやクラチャイダムで、いずれもアルギニン・シトルリンといった成分を多く含みます。

他にも亜鉛を配合したサプリも多く、ペニス増大効果を期待できるのが特徴です。

しばらく続ける必要はありますが、飲むだけで良いので手軽に取り組めます。

ただ増大サプリも品質は当たり外れが多く、安易に選ぶと効果を実感できずに終わる可能性があります。

どれを選ぶか悩みどころですが、価格と品質、成分のバランスに優れた「シドルフィン」を試してみると良いでしょう。

シドルフィンはコスパが良く、厳格な製造管理の元で作られている増大サプリです。

実際にシドルフィンを試してみたところ、3ヶ月目で効果を実感し始めて、8ヶ月後には長さで3cm・太さは2cm大きくなりました。

シドルフィンが気になる人は体験談をまとめた記事もチェックしてみてください。

シドルフィンを8ヶ月試した体験談はこちら

食事で栄養を補給する

2つめの方法が食事の改善です。

ペニスサイズは普段の食生活も影響しており、場合によっては精力が減退したり、ペニスが小さくなることもあります。

特に外食やコンビニ弁当・ファストフードなどが多い方は、食事を改善する余地が残されています。

意識しておきたいのは、ペニス増大に良い栄養素を補給することです。

特に重点的に摂取するべき栄養素は亜鉛、ビタミンC・E、アルギニンとシトルリンです。

亜鉛はうなぎやニンニクなど、滋養強壮に良い食材に多く含まれています。

これらを意識的に食べるだけでも、亜鉛を十分補うことができるでしょう。

なおニンニクにはアリシンという成分も含まれていますが、これは血行を促進する働きがあります。

ペニスの血流アップを期待できますので、日頃からニンニクを食べるのがおすすめです。

ビタミンCやEは様々な野菜に含まれますが、特に多く含まれるのはニラです。

ニラも栄養食材として有名で、各種ビタミンが代謝向上や血管の老化予防に効果があります。

疲労回復効果があるビタミンB1も豊富に含まれています。

アルギニンやシトルリンも優先して補いたい栄養ですが、食材からは補給しづらいのが実情です。

このため、増大サプリから補給することも考えるべきでしょう。

チントレを行う

皆さんはチントレという言葉を聞いたことがありますか?

詠んで字のごとくペニスを鍛えることを指す言葉で、ペニスを長く・太くする効果が期待できます。

ペニスが短い・小さいとお悩みの方なら試して見る価値は十分にあるでしょう。

一般的なチントレはPC筋を鍛えるものです。

PC筋は恥骨の周辺にある筋肉のことで、ペニスの勃起や亀頭の血流など下半身に大きな影響を与えています。

ここを集中的に鍛えると勃起力が高まるだけでなく、ペニスの増大も期待できると言われています。

鍛え方も非常に簡単で、肛門を数秒間引き締めた後に緩める動作を1セットあたり数回~10回程度繰り返すのみです。

これで鍛えられるため、普段から意識して鍛えてみると良いでしょう。

他にもスクワットやミルキングと呼ばれるチントレもあります。

ミルキングは指でペニスを勃起状態にするチントレで、PC筋を鍛えるのと同じくらい簡単ですが、毎日コツコツ続けることが必要ですので、途中で止めないようにしましょう。

クリニックでの手術をする

チントレや増大サプリでも効果が出なかった場合、クリニックでの手術も検討の余地があります。

直接ペニスを大きくする手段であり、人によっては包茎を解消する方法にもなります。

クリニックでの手術は、ほぼ確実にペニスを増大できるのが大きな強みです。

手術方法は様々ありますが、メジャーな手段は長茎術と亀頭増大術の2種類です。

長径術は包茎解消手段としても知られ、ペニスの根本付近を切り開き、ペニスを引っ張り出す方法になっています。

現在はペニスを糸で固定する切らない手術もありますが、効果の持続性に疑問が残ります。

もう一つの亀頭増大術は、亀頭に直接コラーゲンやヒアルロン酸を注入する手術方法です。

亀頭のサイズを大きくする手段として知られており、日帰りできる点も特徴になっています。

直接大きくできるのは魅力ですが、クリニックでの手術はリスクも潜んでおり、何らかのトラブルや副作用が生じる場合もあります。

増大サプリなどに比べて費用も高く付くため、あくまで最終手段と考えたほうが良いでしょう

まとめ

日本人のペニスサイズは約13.5cmで、世界平均と比べても決して小さい訳ではありません。

世界平均にほぼ近いサイズになっており、勃起時に13cm以上あれば気にするほどでも無いと言えるでしょう。

しかしペニスの大きさは自信にも繋がるため、大きくすることも検討の余地があります。

手術を始めとして様々な方法がありますが、迷ったらシドルフィンなどの増大サプリを試してみると良いでしょう。

それと並行してチントレも実施すれば、少しずつペニスが大きくなるかもしれません。

シドルフィンを試してみる

※今だけ限定!2本以上のお得なまとめ買いで送料無料

シドルフィン

その他の記事